いぶきの実と無呼吸との関係性について徹底調査してみました!

睡眠時無呼吸症候群…SAS(Sleep Apnea Syndrome)という言葉を聞いた事がありますか?

 

10秒以上の呼吸が無い状態が、無呼吸と呼ばれていて、いびきと無呼吸を繰り返すのが睡眠時無呼吸の特徴です。

 

重症化すると大きなリスクを背負ってしまう場合がありますが、治せる症状ですので早めの改善・治療が必要です。

 

健康な人でもなりうる、無呼吸状態の無い「健康いびき」というものもありますが、いびきは睡眠時無呼吸症候群のサインになる場合もあります。

 

睡眠時無呼吸症候群になると治療に時間も労力も必要としますので、軽度な健康いびきの内に、いびきサプリ・いぶきの実で改善していくのが良いでしょう。

 

睡眠時無呼吸症の詳細や治し方、いぶきの実のいびき改善効果についてより詳しくまとめましたので、ご紹介していきます。

 

>> 無呼吸の改善にも良い「いぶきの実」の詳細はこちらいぶきの実 無呼吸

 

命に関わる!? 睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠中に1時間5回以上、もしくは1晩(7時間目安)30回より多く無呼吸状態がある場合は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 

寝ている間に、いびきと無呼吸を繰り返すことによって睡眠障害を引き起こしてしまうのが大きな特徴です。

 

そのことによって、高血圧や、脳や心臓の血液障害、うつ病等のリスクが高まります。

 

それだけでなく、浅い眠りしか取れなくなってしまうために、日中にも強い眠気に襲われ、行動や思考力の低下にも繋がってしまいます。

 

中には無呼吸状態のないいびきのみ(健康いびき)現れる人もいますが、日本に300万人ほども睡眠時無呼吸症候群の潜在患者がいるとされています。

 

よりリスクの大きい睡眠時無呼吸症候群ですが、健康いびきであっても心身に支障をきたしてしまうので、いびき自体を改善していくことはとても大切です。

 

早めにいびきを改善し、深い眠りを手に入れて、睡眠時無呼吸症候群による合併症のリスクも減らしていきましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群はどうやって治すの?

 

発症してしまった場合は、大きく分けて3つの治療法があります。

 

最もポピュラーな治療法・CPAP療法、軽度な場合の治療法・マウスピース、身体に原因がある場合の治療法・外科手術です。

 

CPAP療法は、CPAPと呼ばれる機械から、鼻に装着するカバーにチューブを通して常に新鮮な空気を送り続け気道を確保し、無呼吸を防ぎます。

 

マウスピースはあごの位置を適切に調整することによって、無呼吸といびきを予防しますが、重症化してしまった人には効果が見込めない場合が多いです。

 

外科手術は、いびきの原因が肥大した扁桃腺などの場合に、手術によって肥大した部分を切除し空気の通り道を広げます。

 

問題が身体にある場合のみ適応され、誰でも効果がある訳ではありません。

 

どれもお金も時間も必要とし、重症化してしまうと身体への負担も大きく合併症のリスクも高まってしまいます。

 

治る病気ですので、お医者様に相談し、原因の把握と適切な治療を受けていきたいですね。

 

いびきは無呼吸の前ぶれ

 

無呼吸状態のない健康いびきも、無呼吸の前兆であるとも言われています。

 

通常のいびきであっても、深く質の良い眠りや酸素を充分に取る事が出来ず、心身の不調に繋がっていってしまうため、早めに治していきたいものです。

 

いびきサプリのいぶきの実は、服用することによって身体の中からいびきへアプローチしてくれます。

 

睡眠中に、ゆるんでしまう筋肉によって気道が狭くなるのを防いだり、いびきの大敵・ストレスを和らげる効果があります。

 

いぶきの実に含まれている還元型コエンザイムQ10・ビタミンEたっぷりのえごま油には弛緩した筋肉の力を高める効果があり、GABA・ラフマには深く穏やかな眠りにつくためのリラックス効果や、上昇した血圧の安定化の効果があるのです。

 

良質な眠りは、健康の強い味方です。

 

いびきが重症化して睡眠時無呼吸症候群になる前に、継続的にいぶきの実を飲んでいびきをかかない身体作りをしていきましょう。

 

>> 無呼吸の改善にも良い「いぶきの実」の詳細はこちらいぶきの実 無呼吸

 

TOPへ