いびきがいぶきの実で改善できるのかを徹底調査してみました!

日本人の内、約2,000万人もの人がいびきをかいていると言われています。

 

そのいびきは色々な要因によって引き起こされるのですが、特に大きな要因となるのは「就寝時に気道が狭くなること」と「ストレス」です。

 

いぶきの実は、その2つのいびきの要因を緩和していってくれます。

 

なぜいびきの緩和に繋がるかと言うと、いぶきの実には身体の内側から気道の詰まりとストレスを減らしていき、いびきを改善する成分がたっぷりと含まれているからです。

 

そもそもいびきのメカニズムとはどんなものなのかなど、いびきといぶきの実の関係について徹底的に調べてみましたので、この記事に詳しくまとめてみたいと思います。

 

いびきに効く成分についてもより具体的にご紹介していきます。

 

>> いびきが改善できる「いぶきの実」の詳細はこちらいぶきの実 いびき

 

いびきは何で出てしまうの?

 

いびきは、呼吸をする時に空気が通る気道が、睡眠中に狭くなってしまうことによって発生します。

 

空気が通るたびに粘膜が震えて、楽器のように音がいびきとして響いてしまうのです。

 

起きている間はこのような音は鳴らないのですが、寝ると舌の位置が奥に行ったり、筋肉が弛緩することによって、気道が狭くなってしまうのです。

 

そのことによって息が吸い辛くなり無意識の内に口呼吸をしてしまい、大きないびきとして音が出たり、喉が渇いたり、酸素が取りづらくなったりしてしまうのです。

 

いびきは不調のバロメーターとも言われていますが、音がうるさいだけでなく、上記のように身体への悪影響も色々とあるのですね。

 

特に、ストレス、肥満、喫煙、寝る前の過度な飲酒などと、糖尿病や高血圧などの持病などがいびきに繋がりやすいです。

 

また、同じ部屋で一緒に寝ている人がいれば、いびきを指摘されることがあり自覚できるかもしれません。

 

ただ、一人で寝ている場合は自身がいびきをかいている事に気が付かない場合もあります。

 

そんな時に目安となるのが、起床時の喉の渇きや疲労感や頭痛などです。

 

特に、たくさん寝たはずなのに熟睡したようなリフレッシュ感が無い…という場合は、いびきのせいで深い眠りにつけていない可能性が高いです。

 

心身の健康のために、いぶきの実でいびきは治していく必要があります。

 

いびきを身体の中から改善していくサプリメント・いぶきの実

 

治していく必要があるのは判ったけど、そしたらどうやって治していけばいいの? と疑問に思われるかもしれません。

 

そこで効果的なのが、いぶきの実です。

 

服用することによって、自身の力では改善しづらい「就寝時の気道の狭さ」と「ストレス」に働きかけてくれます。

 

就寝時に筋肉が緩んで狭くなってしまう気道を広げて、空気の通り道を確保してくれるのが、いぶきの実に含まれているコエンザイムQ10です。

 

筋肉の力を高めてくれる働きがあるため、気道が狭くなる事を防いでくれるのです。

 

また、コエンザイムQ10と相性が良くその働きをサポートしてくれるえごま油も含まれています。

 

それともう1ついびきの大きな原因となり、入眠や良質な眠りの妨げともなるストレスのケアをしてくれる、GABAとラフマという成分も含まれています。

 

いぶきの実の2つの力によってリラックス状態となり、いびきのリスクを減らしてくれるんですね。

 

いぶきの実とあわせて、いびき対策を!

 

以上のように、いびきのメカニズムや、いぶきの実がなぜいびきに効果があるのかが判りました。

 

いぶきの実の効果をより高め、さらにいびきと無縁の睡眠を手に入れるために、他にも併せていびき対策を行っていきたいものです。

 

服用によって改善できる「就寝時に気道が狭くなること」と「ストレス」以外の原因…タバコの本数を減らしたり、ダイエットをしたり、寝る前の飲酒を止めたり、いぶきの実がストレス軽減に効果があるとは言え、普段ため込みがちなストレス自体を減らす努力も大切です。

 

枕の高さを調整することや、仰向け寝をやめて横向きに眠ることもとても効果的です。

 

日常的にできるいびき対策を行いながら、いぶきの実のサポートで、いびきの無い心身の健康を手に入れてくださいね。

 

>> いびきが改善できる「いぶきの実」の詳細はこちらいぶきの実 いびき

 

TOPへ